« リアルシャダイ | Main | 大王降臨? »

2004.05.29

波の上の魔術師

石田由良さんの小説、波の上の魔術師を読みました。
池袋ウエストサイドパークから気にはなってた人だけど、読むのはじめて。
たしかテレビドラマ化されてて、評価がさんざんだったのを覚えています。
内容は三井住友銀行を相手にしたプータローと老相場師の仕手戦ですが。
テンポは良好、人物描画も、主人公があっという間に経済通になってしまう
ご愛敬を除けば、あたり良く美化して書ききってますね。
アウトロー小説としては大沢さんや馳さんに及ばないけど。
今の若者の淡い憧的理想像を見てるような人物描写。

現実はもっとどろどろしてるんでしょうけどね。
同時に買った細野不二彦さんの漫画「ダグルフェイス」はその手の
しか描いてないな。

経済小説としては清水さんや高杉さんに及ぶべくもなく、
単調なボックス買いだけで経済小説としての魅力もイマイチ。
異分野からの経済小説参入としては、服部真澄や川端裕人の方が上。

ま、最近はここまで書ける人が少ないから、人気になるのも分かります。
読ませる力はあるものね。
他の本も読んでみようかなぁ。

|

« リアルシャダイ | Main | 大王降臨? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 波の上の魔術師:

« リアルシャダイ | Main | 大王降臨? »