« 選挙へ行ってきた。 | Main | ベルギーGP&野球 »

2005.09.12

あらためて総選挙を思う。

非常に長文です。
読みにくい場合、メモ帳などにコピーしてお読みくださいm(_ _)m

あけてびっくり玉手箱。
与野党とも、過半数を競うあたりで落ち着くのかなと思っていた今回の衆院選。
結果は自民党が296議席獲得という大圧勝。
事前の調査で伝えられていた自民優勢も、労働者層の意見が抜けてるサンプルだし、
と考えていただけに、全くの想定外の結果でした。

関東は北関東で自民が40→70、民主党がほぼ壊滅という状態。
東京、南関東もおなじ状況。

67.24%という高投票率ということで、今回投票した無党派層が、
自民と民主、半々の支持率では、元々組織票の強い自民が勝利してしまうでしょう。
刺客だなんだと言う割には、自民の組織票もくずれなかったし。。。

それぞれの勝因・敗因をはとりなりに考えてみると。

民主党

生真面目、というだけで、暗い感じの、リーダーシップを感じさせない
党首をいつまでも引っ張ったこと。
「二大政党」「政権選択」云々という言葉が、傲慢にとらえられたこと
(それを増幅させたのはメディアですが)
官僚あがりの候補者や、小沢一郎による造反組新党画策の後押しなど、
如何にも守旧派的手法を行い、かえってイメージダウンさせたこと
郵政問題で国会中に対案をださなかったり、と政権党としての能力のなさを
露呈したまま、政策選挙を訴えても、説得力があるはずないこと。

結局、民主の方が、小泉新党にくらべ古いままの体制、考えにしがみつき、
小泉の郵政劇場で脇役だったまま、この選挙もおわったということでしょう。

にしても、小沢一郎って、幹事長後は自民党を野に下し、
日本新党を崩壊させ、新生党を内部分裂させ、自由党もこわして、今度は民主党。
民主党も、小沢と決別しない限り、いずれ崩壊するんでしょうかね。


自民党

もはや自民党というより小泉新党といった感じ。
旧自民党が150議席、小泉新党が150議席と考えれば、
まぁ確かにこの数字になるわなぁ。。。
小泉直系の人間以外は、郵政棄権でも我慢して賛成でも、
今回は運が良かった、ということでしょう。
郵便局以外の組織票もほぼ崩れなかったみたいだし。。。
ただ、どうこう言って党内にそれなりの人材抱えてるのは強みですね。
最近では谷垣財務大臣とか、今回の選挙を仕切った世耕さんとか。


小泉新党

劇場型、といいつつ、メディア(特にTV)が完全にその劇場型扇動に
のったお陰で、まさに大勝利。
小泉の実行力・指導力を感じさせる候補者選定、選挙の国民投票化、
争点の矮小化、および見事なまでの執行部のメディア戦略。
今回の執行部のメディア戦略はパーフェクトに近いものがありそう。
結局、「小泉支持」「改革」「郵政民営化」と唱えれば誰でも勝てる
状況にまで仕立て上げました。
こちらの人材はたいしたことなさそうなのばかりですが・・・。


公明党 3議席減

高投票率で組織票の威力が低下し、比例区でも議席減。
真綿で首を絞められているような状況でしょうか。

総括。

小泉新党+自民党+公明の連立政権。

正直、国営でも公社でも民営でも、大きな差は出ないであろう郵政なんぞは
どっちでも良いのです。

国でしか出来ない、国がやらなければならない問題はどうなるのでしょう?

年金は?
財政再建は?
地方分権は?
中央官庁の人件費削減は?
イラク派兵は?
アジア外交は?
在日米軍の縮小問題は?

小泉は、何一つとしてまともな結論、方向性を出せていません。
既に4年もやっているのにもかかわらず。
民間の会社で、4年もやって殆ど成果なしなら、普通はクビでしょう。
会社の業績が赤字の時なら、なおさらです。

そして、4年かかって出来ないことが、この後1年で出来ますか?
後継者の人が、自ら死地に入るような、マイナスだらけの難題やりますか?
全て、私たち国民の将来に禍根を残す、その場しのぎでしょう。

小泉総理の一徹さや実行力には期待する気持ちは分かるけど・・・。
郵政以外たぶん何もしないよ、このライオン首相。

年金は?
・・・このまま議員と公務員の優遇処置はのこり、一般の人は
年金を削られまくり、支える側は負担が重くなる一方。
去年出されたまやかしがまだまだ続く、ということ。
これを信任するなら、宗教法人でも税金払ってくれ、創価学会。

財政再建は?
・・・赤字国債は増える一方だった4年間。
年金、医療とますます赤字幅が増えるのだから、
もう、この金額は減ることはない。
国は自己破産できないから、となると。
インフレ政策による圧縮がいずれ始まるんでしょう。
そして、インフレは私の貯蓄をストレートに低下させます。。。

地方分権は?
・・・中央集権独裁型の政権が、するわけねーじゃん。ねぇ。
面倒な教育問題とかはするかもしれんが。

中央官庁の人件費削減は?
・・・官僚に政策作ってもらってる党に、できるわけねーじゃん。
役人自らするはずもないし。

イラク派兵は?
・・・既に内戦状態になってますが、小泉が任期中は戻すことはないでしょう。
戻せるならもっと早く撤退させてるし。
内戦が終結する、という奇跡が起こるならともかく、おそらく武装勢力の攻撃で
死人がでて、「しっぽ巻いて帰った」とあざ笑われながら撤退しそう。。。
それとも、部隊が壊滅するまで残すかな?
どちらにしても自衛隊を犬死にさせ、一日1億円どぶに捨てるわけです。

アジア外交は?
・・・今回の小泉大勝で、苦々しい思いをしているのは、中韓北の指導部でしょう。
氷河期とふんで、外交を凍結している中国の動きは気になるところですが。
今回の小泉再選は、日本人は反日の態度にうんざりしているというメッセージに
はなってますが。
逆に言えば、好転化はますます遠くなった、ということ。

在日米軍の縮小問題は?
・・・アメリカの犬とまで言われる人が本腰を入れるはずもなし。。。


そして最後に。
小泉におどらされ、利用されまくったメディア。
そのメディアを鵜呑みにして、うわべだけの情報で右往左往する国民。
メディアの質が地に落ちている以上、自分で知識をためて、
情報をかぎ分けていかないと、本気で10年後が心配です。

|

« 選挙へ行ってきた。 | Main | ベルギーGP&野球 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あらためて総選挙を思う。:

« 選挙へ行ってきた。 | Main | ベルギーGP&野球 »