« 懲りずにボーリング | Main | ウイルス性胃腸炎かインフルエンザ。 »

2006.01.13

ニコン銀塩撤退

たぶん世のカメラファンが騒ぐであろう、ニコンの銀塩カメラ撤退。
F6とF60だけで、あとは生産終了、のこす2つも新規開発はしないんだとか。
F6は後継機作らなくていいのかね、と疑問な気もしますが・・・。
つーか、コンパクトデジカメでは完全に失敗してるニコンは、
これでデジ一眼しか生き残る道がなくなったわけですが。
危険な賭のような気もします。
写真の楽しさって、銀塩からだと思うし、
デジカメがあたりまえの家電化してしまった現状、コスト圧力がすさまじいし、
高機能化にも限界が見え始めている以上、心臓部のCCDやCMOSを自社生産
できないメーカーは、そうとう厳しいと思うのですが。
デジ一眼でも、型落ち2-3万は当たり前、新型でも本体5万前後、なんて時が
すぐそこのような。

巨人キャノンほど資本力がない、そのほかのカメラメーカーも、
たぶんほとんど銀塩からは撤退するんでしょうね。
メーカーだけでなく、街の写真屋さんもどんどん淘汰されそうだし。
あ、でもニコンの中古は一斉値上がりしそう(^^;

|

« 懲りずにボーリング | Main | ウイルス性胃腸炎かインフルエンザ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニコン銀塩撤退:

« 懲りずにボーリング | Main | ウイルス性胃腸炎かインフルエンザ。 »