« 天使と悪魔 | Main | ごるごる。 »

2006.06.13

惨敗の日本vsオーストラリア戦

ドイツワールドカップの初戦。
日本の実力通り、と言ってしまえばそうなんでしょうが、
あまりにも非道い試合内容でした。
せっかく前半にラッキーな得点をし、守備陣がなんとかふんばっていたのに。
そのまま運が良ければ勝てる試合だったのに。
中村、宮本、中沢、川口はまぁまぁさすが、と言うところを見せていましたが。。。
あと、前半の福西もしっかりしてたっけ。

しかし、他の選手はなんだったんでしょう?
坪井、駒野はかんぜんにW杯の雰囲気にのみこまれて、上がってるし。
サントスはケガやファールを嫌がったのか、消極的なパスコースを消すだけの
ディフェンスしかせず、自己中ととられても仕方ない。
半端なポストプレイで、自分で撃とうとしない柳沢。
せっかく前が開いているのに自分で決めにいかない高原。
素人目に見てても、前半のうちにあと2点は取れたはずです。
シュートさえ打っていれば。
ペナルティエリアまで入っておきながら自分でシュートも打てないFWなんか
不要どころか害悪でしか無いと思うのですが。
FWの自覚のないやつがピッチにたたないで欲しい。
中田も前と意志がとれてないのか、全然パスつながらないし。

そして一番どうしようもないのがジーコ。
打つ手が全てあたったヒディングに比べ、
ここまで監督の差がでると、情けない限りです。
MFの柳沢を代えるなら、MFすら出来ない高原を下げて巻を入れるべきでしょう。
小野を入れるなら、代えるのは疲れが見えた中村か福西でしょう。
もっとも、小野がはいって守備のバランスくずれてたので、
小野を入れるなら、稲本の方が良かったけど。
大黒の投入なんか、まったくの無意味。

比較的足が遅いと云われる大柄な豪州勢にたいして有効な戦術も示せず、
半端な高さのボールを入れるだけで、グラウンダーやスルーパスの指示もなく。
今大会、他の試合では各国ともミドルシュートを有効的に使っているのが
非常に印象的なんですが。
イングランドのベッカム、オランダのロッペン、チェコ、ドイツ、ドバコなんかも。
各会場の日差しの向きや今大会のボールの特性から、
各チーム何が有効であるかは十分研究している感じを受けてます。
ジーコはそういった分析をしてるのでしょうか?
まったく何も考えてないようにしか見えない。。。

自分で考えさせるサッカー、応用力のあるサッカーって、
日本代表でそれが出来てるのは中村くらいでしょう?
他のメンツは出来ないんだから、だったら監督として指示をだすのが責務でしょう。
しょせんJ2レベルだった初期J1で優勝出来るのが関の山なんでしょうね。
まぁ、好き嫌いだけで選手をルマンの松井やレッズの闘利王いれないんだから、
今更なんだけど。
茂庭も、レギュラー組と連携取れなくて再三危機まねいてしまってたけど、
練習中からメンバー入替を想定して様々な組み合わせを試さなかった、
連携が取れないのはジーコに最大の責任があります。

結局、人を育てず、戦術もなく、采配もなく、ただカリスマだけで
ピッチ傍につったてるだけなら、じゃまなだけ。
人気取りだけでえらんだサッカー協会にも問題はありますが、
まだトルシエの方が数倍ましだったでしょう。

今大会、ほかの各国の試合って、すばらしいプレー続出のすごい試合ばかりなんですが。
日本だけ、W杯にふさわしくない、情けない試合してましたね。
のこり2試合も、期待はしていないけど、せめて応援しがいのある、
まともな戦術に基づいたプレーをしてもらいたいです。。。

|

« 天使と悪魔 | Main | ごるごる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 惨敗の日本vsオーストラリア戦:

« 天使と悪魔 | Main | ごるごる。 »