« ソフトバレー | Main | 夏風邪? »

2006.06.23

日本vsブラジル

前半ロスタイムに同点にされたタイミングで、緊張の糸が全て切れてしまった、
そんな感じ。

先に1点とって浮き足だっちゃって、さらに点を入れられた後は
もうこれが本当に国の代表なのか、と思うほどの情けなさ。

初スタメンで完全に舞い上がってしまった巻。
せめて前2戦で少しでもピッチに立たせてあげたかったですね。
得点はしたものの、その前後はプレッシャーをかけるでもなく
ただ突っ立てることの多かった玉田。
この期に及んで間の長い守備しかしないサントス。
あがった後帰ってこない分、実質中田と稲本が守備に翻弄されてたし。

そして、ピッチに立てない体調なら自分から引き下がるべきだった中村。
フィジカルの弱さが全面にでてしまい、
走れず、パスの精度もなく、あたりも弱く、なぜそんな体調でピッチにいる?
1試合目は後半から、2試合目は前半途中から、そしてブラジル戦は最初っから。
10人で戦っていたようなものだったし。
トルシエが中村を使わなかった理由がよく分かる今大会でした。
そして、中田が怒るのもよく分かる。

その中田も、パスの精度は試合毎に落ちてしまっていたし。

てっきり後半は小野と中村入れ替えるかと思ったら、
オーストラリア戦と同じく、再び訳わからない交替采配をするジーコ。
なぜ巻と高原を入れ替える?
何のために出てきたか分からず、交替のカードを無駄にして。

川口もあいかーらず不用意な飛び出ししてて、いっこうに成長しないし。
頭に血が上るとねじが飛ぶタイプだよなぁ。。。

よかったのは稲本、中沢、加治くらいで、
かろうじて及第点なのが坪井、中田、小笠原といったトコでしょうか。
試合に出させてもらえなかった小野がかわいそう。

他の選手は、試合後ピッチに倒れ込んで悲哀にくれるのだけが、
他の国と互角の一人前でしたね。

むろん、23人を選ぶ時点で、そんな選出しかしなかった
ジーコに、大部分の責任があることも確か。

いくら海外で戦っていると言っても、所詮ほとんどが
トップリーグではないわけで、それなのに過去の実績だけで
無能な柳沢や高原、不調の大黒や玉田に固執しつづけ、
機会を与えるべき若手を使いもせず選出もせず。
逆に若手に経験を積ませず、今回の巻のような結果にしてしまって。
選手育成もできないうえに、戦術のなさは言うに及ばずで。
監督としてはJ2も任せられない、
選手としては偉大な人だったのかもしれないけど、
J2レベルだった初期のJ1で運良く活躍できただけ、なんでしょうね。

無能な監督をずっと支持し続けた川渕さんにも。
ジーコは当然更迭でしょうが、今回を機会に川渕さんも第一線から去るべきでは?
今までの10年の功績は認めますが、潮時でしょう。

どちらにせよ、日本代表を駄目にしたこの4年間、ツケは相当重そう。。。

|

« ソフトバレー | Main | 夏風邪? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本vsブラジル:

« ソフトバレー | Main | 夏風邪? »