« k10d | Main | ジャーナリズムの放棄。 »

2006.10.09

北朝鮮の核、戦争への道。

北朝鮮が核実験強行。
爆発規模が小さいとか失敗したとか、いろいろ話が飛び交ってましたが、
軍事評論家の江畑健介氏が一番的確な指摘をしていました。
「爆発させたという事実は変わりない」
「東アジアの戦略バランスが大きく変化した、歴史的な一瞬」
ということです。
この時点での放射能汚染の問題とかいうことではなく、
今回の核実験の大きな点はまさにこの2点であり、
この戦略バランスの崩れに日本が、そしてアメリカがどう立ち向かうかと云うこと。
金融制裁、海上封鎖、先制攻撃、集団的自衛権の名の下に戦争能力の保持と向上、
米軍の核兵器持ち込みの公然化、そして日本の核武装。
暴走し攻撃してくる相手がいる以上、どこまでやるかという問題があるにせよ、
確実に世論が、そして政治がそういう方向へ向かっていくでしょう。
そうしなければ、今度はまた国内で被害が出るでしょうから。
戦争という被害でないにしても、難民という被害はこの冬かなりの確率で
発生しそうですし。

核施設を攻撃したら放射能汚染の問題で危ないから攻撃しない、
と寝言云ってるメディアもいましたが、そんなことはあり得ない。
クリントン政権時でさえ、戦争の一歩手前までいったのですから、
戦争バカのブッシュが率いる現政権では、
北朝鮮の韓国や日本への侵入など一部軍部の暴走や二回目の核実験などを
契機に、空爆に踏み込むでしょう。
なにせ相手はだいぶ前に、六者協議か安保理決議を勝手に解釈して、
宣戦布告してるんだし。
戦争をしない理由なんてどこにもない。
被害が出るのは韓国と日本、たとえ経済的に落ち込んでもこの二国からの
輸入も減り、両国企業の生産移転も進んでいる以上、たとえ被害が出ても問題ない。
在日、在韓米軍はうまく被害受けないようにするだろうけど・・・。

核実験をしたことによって、一種の自制が外れてしまっていると考えれば、
放射能汚染の問題だけでなく、日本海側の地域はテロなり拉致なり、
特殊部隊の暗躍におびえなければならないわけで。
長期的には北朝鮮という国が無くならない限り、少なくとも当面の間は。

これに対抗するには、有効的な打つ手が少ないのは自明のこと。
北の体制が先に自壊しない限り、国民を守るためには、
日本も軍事的に踏み込まざるを得ない、と考えます。
それが結局、戦争への道に繋がっていくのだろうけど。
こまったもんですが、覚悟はすべきなんでしょうね。
本当に平和ぼけかどうか、これから試される時代になるんだなぁ、と。

それにしても、11月富山行ったとき、海岸沿いで遊んでない方がよさそうで(^^;

|

« k10d | Main | ジャーナリズムの放棄。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮の核、戦争への道。:

« k10d | Main | ジャーナリズムの放棄。 »