« 株価大暴落。 | Main | 県民の日は浦和の日 »

2007.11.13

モーターショー雑感(2倫車)

今回のモーターショー、二輪は国内4メーカー+ハーレー、ドカの販売の多いメーカー、
国内販売に注力してるトライアンフ、キムコといったあたりで、
4月のTMCSに比べるとやはりメーカー数、人数とも少なめ。
YAMAHAやkawasakiのおねーちゃんも、いつもよりレベル低めだったみたいだし(失礼)。

YAMAHAは電動バイクや折りたたみ、ハイブリッド、四輪バイク、そしてV-MAXの金型オブジェなど、
コンセプトモデルを山ほど出してました。
後は復活新型テレネや、VX11サクラといったところで、市販車は新型TMAXくらい。
この新型T-MAX、フロントが15インチになっただけとはいえ、従来モデルのスクーターイメージから
離れられない感じから、ATバイクと呼んだ方が良いようなシャープさを感じました。

一方、kawasakiは国内市販車オンリー。
数日前の日記にも書いたように、1400GTRや新型ZR10Xなどの試乗も出来ましたが、
どうせだったら国内でも発売するであろうDトラッカーXやninja250(ZZR250?)の
試乗もさせてくれれば、といったところ。
最終回、5時半過ぎのショーは、見てる人も5-6人で、かなり物寂しかったです(^^;

スズキはショー当日まで未発表の隠し球、ジェンマをはじめ、メインステージでのショーや
全日本バイク+レースクイーンなど、いかにもショーはお祭り、といった気合いの入れ方。
今回、こーいうブースが少なかっただけに、みんなたかってました(笑)

Hondaもやはり気合い入ってませんでしたね。レース車と市販車でお茶濁してた感じ。
唯一、コンセプト車かと思ってたDN-01に試乗車が用意されてたのが大きな所でしょうか?
メーカーの人が、試乗したおっさんに「来年夏までの発売をめざしてます」と
うれしそうに語ってたのが印象的でしたが。
未来を語るショートはいえ、やはり、コンセプト車や参考出品車が近い将来市販されて乗れる、
というのはショーに足を運ぶための、大きな原動力だと思うので、この戦略はありかなぁ、と。
来年春のTMCSではこーいった試乗が拡大してもられるとうれしいです。

気になっていたハーレーの二眼ライトのダイナファットボブは、思ってたよりライトが小さく、迫力不足。
これだったら、ドラッグスターの方がいいなぁ・・・って、ドラッグスターはもうないんだっけ。
トラのスピードトリプル675も、街中ではよさそうだけど、ツーリングにはきつそうで。

気になったのはドカティのGT1000ツアラー仕様。
ノーマルはイマイチなんだけど、パニアやスクリーンの着いたツアラーは、これがドカティなの?、
というかんじで、今までのドカのイメージではない、かっこよさがありました。
ドカのおねーちゃんが好みだったから、ではないです(笑)
スーパーモタードSもかっこよかったけど、160万かぁ。。。
ストーナー仕様の1098もおいてありました。

結局、今の時点で今のタイガーを超える購入意欲をそそられるのは、
行き着くところは新型タイガーしかなかった、と言うのがオチでした。
T-MAXもかっこよかったけどTigerとだとやっぱりTigerかなぁ、と。悩むけど。
GT1000はどっかでのってみたいですね。一度はドカ、というのはあこがれです。
ま、もう一回、来年春のTMCSで物色して考えよ~。


Img_0942

|

« 株価大暴落。 | Main | 県民の日は浦和の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーターショー雑感(2倫車):

« 株価大暴落。 | Main | 県民の日は浦和の日 »