« ふらんふらんふにゃにゃーん | Main | レーダー探知機とりつけ。 »

2010.02.26

女子フィギュア


春一番が既に吹いてしまっていたそうで。
女子フィギュアは肝心の最終グループが1時過ぎからで、
さすがに職場でも食後まで見ている人はいませんでした(笑)
一部上場の大メーカーが取引で来ていたせいもありますが。。。

さて、浅田真央。
今期の出来るかぎりの結果ですから、よく頑張ったのではないでしょうか。
技術点でキムヨナに負けるとは思いませんでした。
スピンやスパイラル、トリプルアクセルなど、技の一個一個じたいは
非常にきれいだし手足も伸びてるし。
なんでキムヨナの方が上だったんでしょう?
技のつなぎ?
確かに、合間合間の動きでは、上半身、特に方と背中をつかった
表現がほとんど無く、固いぎこちない感じを受けました。
そのため、わざと技の間が単調、というか間延びした感じになって。
でもこれって、選手本人と言うより、コーチ変えないとダメでしょ。
タラソワの振り付けは時代遅れ、ということです。
ぜひ違うコーチの元でさらに磨きをかけて欲しいです。
あとできれば、お姉さんの浅田舞なみに美人になると、なお効果的(笑)

演技が一番良かったと感じたのは鈴木明子でした。
躍動感あふれる、渾身の演技でした。
フィギュアスケートの魅力やスポーツとしての楽しみを一番表現出来ていたように思います。
ほかの選手は演技だったり、技だったりに偏ってましたから。。。
演技が上手いのと、スポーツとしての"fan"を感じるのとは別物、
というのを改めて認識してしまいました。
SPでもう少し上だったら、という感じ。

ミキティは・・・グランプリシリーズの方が
演技も衣装も上だったのでは?
今回、表情も動きも硬いし、空回りしてたかんじ。
安全策の技構成であれでは、残れないでしょう。
この4年で周りのレベルアップがすごすぎる、というのも
あるんでしょうが・・・引退かなぁ?

んで、金メダルの人の異常な得点。
ま、今期好調だったキムヨナへのひいき目は多分にあると思います。
確かに色っぽいけど、あの媚びへつらうような演技は嫌い。。。
にしても、点差が離れすぎです。
あそこまで離れるとは思わなかった・・・。
次以降、つけにくくなるんじゃない?


しかし、今回日本のメディアはトリプルアクセル一色でしたが、
だったら安藤美姫も浅田真央も4回転飛べるわけだし、
鈴木のステップワークも金メダルものだし。
いっそ、体操の種目別みたいに技の単体を争う競技を別に作っても
良いのではないでしょうか。
スポーツとしてはなじみやすいでしょうし。
スケート協会のかた、考えてみませんか?

|

« ふらんふらんふにゃにゃーん | Main | レーダー探知機とりつけ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女子フィギュア:

« ふらんふらんふにゃにゃーん | Main | レーダー探知機とりつけ。 »