« けっこうもつね。 | Main | DMC-FZ100購入っ。 »

2011.01.18

埼玉県の市立小学校に勤務する女性教諭が、再三クレームを受けて不眠症に陥ったとして、 担任する学級の女子児童の両親を提訴していたことがわかった。慰謝料500万円を求め、さいたま地裁熊谷支部で係争中だ。文部科学省によると、「保護者が 学校を訴える例はあるが、逆のケースは聞いたことがない」という。

提訴したのは昨年9月。訴状などによると、昨年4月からこの女児の学級を担任。
同年6月、女児と他の女子児童とのいさかいを仲裁した際、母親から電話で「相手が悪いのに娘に謝らせようとした」と非難された。これを皮切りに、同月末から7月中旬にかけて、児童の近況を伝える連絡帳に母親から「先生が自分の感情で不公平なことをして子どもを傷つけています」などと8度書き込まれた。

さらに、父親や母親から文科省や市教育委員会に対し、口頭や文書で批判されたほか、女児の背中に触れただけで警察に暴行容疑で被害を訴えられたという。
こうした一連の行為により教諭は不眠症に陥り、「教員生活の継続に重大な支障を生じさせられた」と主張している。教諭ら学校側と両親が話し合う場も設定されたが、両親が拒否したという。

小学校側は提訴の翌月、市教委に対し、「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」という校長名の文書を提出している。


http://www.asahi.com/edu/news/TKY201101170419.html

熊谷地裁って言うから、どこかなーとおもっていたら。
朝日新聞は書いていませんでしたが、フジサンケイは行田市とはっきり書いていましたね。
つーか、ネットで調べたら、出るわ出るわ。

学校が正しいのか、親が正しいのかは分かりませんが。
もう数日たてば、学校名まで出てくるかな?

ちなみに、この母親はこの処置に対して、次のように言っているとか
「学校は何の対策も取ってくれず、モンスターペアレンツに仕立てられてしまった」と反論している。
また「裁判はいわれのない訴えで、和解する気はない」

話し合いの場に出てこず、対策を取らないも何も無いと思うのですが・・・。
和解する気持ちがないのなら、これから堂々と裁判を受ければいい。

裁判で決着、も良いのでしょうね。
自分の都合ばかり並べ立て、正義のふりをしても、
それは自分の中だけの正義でしょうから。
世間の尺度が自分と大きく違う事がわかるでしょう。

ともかく、自分が強い立場だと勘違いして、偉そうにする輩が多すぎです。
この間の違法取り締まりの警官といい、この親といい。
地元というのが何とも悲しいところです。

しばらくウォッチしよっと。

|

« けっこうもつね。 | Main | DMC-FZ100購入っ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« けっこうもつね。 | Main | DMC-FZ100購入っ。 »