« メモリ異常(その1) | Main | 小林カムイのモナコGP。 »

2011.05.29

メモリ異常(その2)

調子がおかしい新PC。

原因となっていたメモリを抜いて、4GB×2の構成に。

。。
。。。すんなり立ち上がりました。

メモリスロットの差し場所をいろいろ変えてみたのですが、
A-DATAのメモリが刺さっているとやはりおかしくなります。
クロック51mhzにひきずられて、動作が極端に遅くなる。

一方、BIOS上をみてみると、
きちんとクロック、容量、レイテンシも正常に表示されてる。。。

チップセットのDriverを入れ替えても改善していなかったから、
相性問題、というしかないのでしょうか?
ネット上で同様の症状は検索しても出てこないし、
いずれ他のDDR3使えるPCで試してみますか。。。

しかし、A-DATAの製品とは個人的にも相性悪いなぁ・・・。
メモリは久々とはいえこれで3回目。USBやSDカードも
あっさり壊れたことがあったし。。。
その経験があるくせに、安さに惹かれて、買った私が馬鹿でした?

|

« メモリ異常(その1) | Main | 小林カムイのモナコGP。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メモリ異常(その2):

« メモリ異常(その1) | Main | 小林カムイのモナコGP。 »