« 電力事業法27条規制 | Main | メモリ異常(その2) »

2011.05.28

メモリ異常(その1)

OSのインストールと自動更新をほぼ終了したZ68マシン。
だけど、なんか動作がへん。
起動に1分以上かかるし、OSの画面が出た後も、ちょっと動かすとマウスが明滅を繰り返してる。。。
Windowsのエクスペリエンスインデックスもエラーで終了。。。

SSDのRAIDなので、ふつーなら10秒かからず起動するはず。
ノートのG560(intel 320シリーズSSD)は、RAIDではないですが12-3秒ですし。
なんでー。
あきらかに動作がおかしい。
グラフィックのパフォーマンスが悪いのかしら、
SSD、チップセット、グラフィックのドライバーを入れ直しても改善せず。

いっそ、オーバークロックで速度あげてみようかな、と考え
改めてシステム情報をチェックしていたら。

A-DATAのメモリの値が不思議な値に。

クロック速度が51mhz・・・?DDR3-10600だから、667mhzなのですが。
メモリ容量も、片方は未表示、片方は256MB・・・。

もう一方のTeamのメモリは通常通りの表示。

これって、メモリの初期不良?
ドスパラがT-ZONE跡地に新装開店したときに特売で出ていたメモリーで。
実際組み付け迄に2ヶ月以上封も切らずおいてあったので、
既にレシートが見つからない(^^;

まぁ、4G×4枚の16GB積んでいるから、一旦外してみますか・・・

201108301


201108303


|

« 電力事業法27条規制 | Main | メモリ異常(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メモリ異常(その1):

« 電力事業法27条規制 | Main | メモリ異常(その2) »